担当している仕事は何?

洗面カウンターやキッチンカウンターなどの開発・改良に関わる業務を行っています。 商品の設計・検証⇒試作⇒検証など狙いの設計どおりにモノが出来ているか確認し、工場で問題なく生産開始できるように仕様検討しています。 また、既に発売済の商品は、お客様からの改善要望をヒアリングし満足いただけるように商品の仕様変更を行っています。

 

印象に残っている仕事は何でしたか?

 

2006年にボウル一体カウンターを発売しました。ボウルとカウンターでカラーが異なり、又、異素材のものを組み合わせて一体化した商品ですが、当時は実現する製法がありませんでした。 短期間で、意匠性やお客様の要望も叶えつつ、製法を考え出すことにとても苦労しました。。これまでにないものを創り出さなければいけなかったので。 無事商品ができあがり、カタログ撮影に立ち会ったは、まるで自分の子どもの成長(手間掛かったけど大きくなったなー)を感じるようでしたね。“モノ創り”に携わっているからこそ味わえる醍醐味だと思います。

やりがいを感じるのはどんなときですか?

2つ、あります。 1つめは、お客様の要求を形にし商品化し、発売しますが、その商品がお客様に満足して使用いただいている時です。 そんな声を聞くとそれまでの苦労も吹き飛びますね。お客様の満足を得られたことにやりがいを感じます。 2つめは、人財育成です。 現在、8名のスタッフで設計業務を行っていますが、設計業務は、1つのテーマを完了するために色々な部署の方と協力して業務を進めなくてはなりません。コミュニケーションも大事になります。 業務を進める為には、考え方が偏ってはいけませんし、バランスよく視野を広げておく必要があります。 スタッフにはバランス感覚を養えるようにいろんなことにチャレンジしていただきたいと思っています。

 

就職活動をしている学生へ、メッセージをどうぞ!

 

TOTOプラテクノは、若い人が多く活気があります。 入社後早い段階からテーマ業務に携わることが出来、又、チャレンジ出来る環境があります。 就職活動においても失敗を恐れずアタックしてください。 是非、皆さんと一緒に仕事が出来る日を楽しみにしています。